形成外科

体表面の異常(先天性、後天性=怪我等での変形)、外傷、熱傷、傷跡(瘢痕)、傷・火傷のひきつれ(瘢痕拘縮)、色素沈着、できもの(腫瘍)、皮膚がん(皮膚悪性腫瘍)、巻き爪、わきが等。
手術やレーザーを用いて治療を行います。

火傷・傷跡の治療

怪我や手術の跡(瘢痕)が目立つ場合、3~6ヶ月経過して赤みが引いているものは手術にて修正を行います。

症例紹介

外傷の傷跡

外傷の傷跡

火傷の跡

火傷の跡

皮膚腫瘍

皮膚のできもので多いものは、粉瘤(表皮嚢腫)、脂肪腫、石灰化上皮腫等です。
良性腫瘍なので慌てることはありませんが、放置しておくと大きくなり、時に化膿し、目立つ跡が残ることもあります。
10分程度の手術で簡単に取ることができます。

症例紹介

皮膚がん

皮膚がん
皮膚がん

わきが

アポクリン汗腺の発達している場合(遺伝)、脇の下の汗がややきつい臭いになります。

手術:皮弁法

根本治療は手術にいてアポクリン汗腺を除去する剪除術を行います。
わきの中央部を約3cm切開し、皮膚の下にあるアポクリン汗腺を丁寧に除去します。

レーザー治療

当院では2013年5月よりYAGレーザー(セルレイズ)を用いた「わきが、多汗症」の最新治療を行っています。
この方法では腋の下を約5ミリ切開するだけです。当日からシャワーも可能です。

赤あざ(血管腫)

単純性血管腫
イチゴ状血管腫
赤ら顔

パルス色素レーザーによって治療を行っております。
小児には全身麻酔での施術を行っております。

症例紹介

赤あざ
赤あざ
赤あざ

青あざ(太田母斑、蒙古斑)

Qスイッチアレキサンドライトレーザーにて治療を行います。
3~4ヶ月ごとに繰り返し行い、3~10回施術を行うことでほとんど消失します。
小児期に治療した方が少ない回数で消すことができます。

症例紹介

太田母斑

太田母斑

異所性蒙古斑

異所性蒙古斑

茶あざ(扁平母斑)

Qスイッチアレキサンドライトレーザーにて治療を行います。
扁平母斑にはレーザーが効かないタイプもありますので、まず一部テスト照射して、数ヶ月様子を見てから治療を行うかどうか判定します。
完全に消失する場合もありますが、一部再発するも場合もあります。

症例紹介

茶あざ
茶あざ

黒あざ(色素性母斑)

いわゆる「ほくろ」と同じ細胞の集まりです。青あざ、茶あざと違い、母斑細胞が皮膚の深い部分(真皮~皮下組織)にまで入り込んでいるため、炭酸ガスレーザーにて削る処置を行います。
部位・大きさによっては手術で切除します。

黒あざ
黒あざ

眼瞼下垂

眼瞼挙筋・ミュラー筋(まぶたを開く筋肉)の障害が原因で、まぶたの下垂が認められます。このため、視野を補おうと前頭筋(額の筋肉)の力でまぶたを上げようとするため、まゆ毛の挙上、二重幅の拡大が認められます。
また、内側に生じ、軽度の場合は気づきにくいのですが、額のしわが増えた(まゆ毛の挙上による)、二重の幅がひろくなった、二重がはっきりしなくなった、なんとなく眠いような目つきになっている等は、眼瞼下垂の可能性があります。
眉毛を上げる筋肉(前頭筋)は後頭部の筋肉、首の筋肉とつながっているため、前頭筋に負担がかかると肩こり、頭痛、首の痛みの原因になります。原因不明の肩こり、頭痛のある方で、まぶたが開けづらい場合は眼瞼下垂が原因の可能性があります。
先天性の場合もありますが、加齢による筋力低下や、長期ハードコンタクトレンズ装着でも眼瞼下垂は発生します。
治療は挙筋前転法という方法によります。簡単に言うとまぶたを引き上げる筋肉を短くする方法です。治療により視界も広くなり、肩こり、頭痛等の諸症状も改善します。

眼瞼皮膚弛緩症(まぶたのたるみ)

加齢とともに皮膚にたるみが生じ、視界が狭くなります。手術にてたるみを取ることで改善できます。
また、たるみが軽度の場合、レーザーでも治療ができます(マドンナリフト)

眼瞼皮膚弛緩症

休診等のお知らせ 2017.11.17更新

★保湿剤の処方についてのお知らせ

女性の顔面の乾燥肌の場合(アトピー性皮膚炎を除く)保湿剤の処方量に制限が設けられ、1ヶ月にローション、クリーム併せて200gまでになりましたのでご理解いただきますようお願いします。


★年末年始の診療について

12月31日〜1月4日は休診とさせて頂きます。


最新の毛穴肌質改善治療について

中国地方初のピコシュアにて治療を行います。詳しくはブログをご覧ください。


・スマホ診療の診察日について

現在月曜日(15時〜15時30分)、水曜日(14時30分〜15時)ですが、

火曜日の19時〜19時30分が追加となりました。

スマホ診療の予約料金が変更になりました。

1500円が1000円になりました。


クリニック紹介
オンライン予約
クリニックブログ
遠隔診療

お知らせ Topics

●2017/4/15

山陰地方初のピコシュア(ピコレーザー)による治療が開始されています。
従来取れにくかった入れ墨、色の入った入れ墨取れます。
美肌治療の最新レーザーです。


●2017/1/24
2月1日よりスマホを使用した「スマホ診療(遠隔診療)」を開始いたします。
(月曜日15時〜、水曜日14時30分〜、人数に制限があります)

 詳しくはこちら▶ 


●2017/1/23
小児イチゴ状血管腫に対して新薬(ヘマンジオル)の使用を開始しました。


●2016/12/7
★治療費改定になっております。
詳細は 料金表 をご参照ください。