レーザー治療

当院では平成11年より各種レーザー装置を用いて、様々な疾患に対して1万例以上の治療実績があります。
全国的に見ても最高水準の設備を備えており、地元でも安心して治療を受けて頂けます。
また、平成20年より麻酔科専門医とともに、2歳以上の小児全身麻酔治療(日帰り治療)にも取り組んでおります。

アコレイド

アコレイド

最新のQスイッチアレキサンドライトレーザーです。

シミ、ソバカス、レーザーフェイシャルなどの美容治療、太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑などのアザ治療、入れ墨などの治療を行います。

レーザーフェイシャル

3種類のレーザー(アレックス、ジェントルレーズ、Vビーム)を使って肌のトリートメントを行います。
これらのレーザーを組み合わせて照射することで、肌の活性化をはかり、くすみ、しみ、キメを整え美肌効果をもたらします。
また肌に張りを出し、毛穴も解消します。

炭酸ガスレーザー(スマートサイドドットサージカルモード)

炭酸ガスレーザー(スマートサイドドットサージカルモード)

ほくろ(ほくろ取り)、いぼ、皮膚の腫瘍性疾患の治療を行います。

症例紹介

「ほくろ取り」

ほくろ取り
ほくろ取り

当院では、ほくろ取りは手術ではなく、炭酸ガスレーザーをつかった除去術を行なって おります。治療直後は浅いくぼみができます が、2週間程度で皮膚は再生してきます。 「にきび」のような赤みがありますが、3ヶ月前後で自然にきえてきます。治療当日からお化粧、 洗顔は可能です。5分程度の処置で終了、原則として通院は必要ありません。

ほくろ取り
ほくろ取り

アレックス(キャンデラ社 Qスイッチアレキサンドライトレーザー)

アレックス(キャンデラ社 Qスイッチアレキサンドライトレーザー)

太田母斑(顔面の青あざ)、異所性蒙古斑(体の青あざ)、外傷性色素沈着症(傷に異物が混入して青黒く見える)、扁平母斑(茶色あざ)、しみ(老人性色素斑)、そばかす、刺青等の治療を行います。

パルス色素レーザー(キャンデラ社 SPTI-1A、Vビーム)

パルス色素レーザー(キャンデラ社 SPTI-1A、Vビーム)

単純性血管腫(扁平な赤あざ)、イチゴ状血管腫(ふくらみのある赤あざ)、クモ状血管腫(顔にできる小さな赤あざ)、赤ら顔(毛細血管拡張症)、にきび、にきび跡、レーザーフェイシャル等の治療を行います。

ロングパルスアレキサンドライトレーザー(ジェントルレーズ)

ロングパルスアレキサンドライトレーザー(ジェントルレーズ)

医療脱毛(永久脱毛)、しみ、そばかす、レーザーフェイシャル等の治療を行います。
毛根には周期(ヘアサイクル)があり、休んでいる毛根(休止期)にはレーザーが効かないため、1ヶ月半~2ヶ月ごとに数回照射が必要です。
個人差がありますが、脇だと平均5回程度です。

最新型脱毛レーザー:VECTUS

最新型脱毛レーザー:VECTUS

フォトンリサイクリングの効果 (特許技術)

フォトンリサイクリングの効果 (特許技術)

レーザーヘッドの内部に特殊なミラーを配置し、照射効率を高めます。

サファイアオプティック Vectus

Small Sapphire Optic

Small Sapphire Optic
12mm × 12mm = 144m㎡

Large Sapphire Optic

Large Sapphire Optic
23mm × 38mm = 874m㎡

現在市販されている医療用脱毛装置の中で最も照射面積が広くできています。
そのため、世界最速の処理スピードを誇ります。
背部など広い面積でも5分程度で終了します。
また、顔面など細かい部位の脱毛はアタッチメントを交換することできめ細やかな処理が可能です。

サファイアオプティック Vectus

フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザー

●Smart Xide DOT:スマートサイドドット (DEKA社 CO2フラクショナルレーザー)

フラクショナルレーザー療法

フラクショナルレーザー療法

フラクショナル炭酸ガスレーザーという微小なレーザービームをお肌に照射し、点状の穴を開けながら適度な熱作用を与えることにより皮膚の入れ替えを目的とした治療法です。

点状の穴から放出される熱効果により、周囲の皮膚は収縮しコラーゲン造成やタイトニング効果を促していきます。

ニキビ痕の凸凹、傷跡、毛穴の引き締め、たるみ、 凸凹になってしまったお肌を滑らかに再生する効果に優れています。

設定モードにより、小じわ、肌のハリ、スキントーン・テクスチャーの改善など、ダウンタイムの少ないマイルドなリジュビネーション治療も可能な、最先端美容治療の一つです。

ニキビ跡の治療

ニキビ跡の治療

くぼんだ傷跡の治療

くぼんだ傷跡の治療

下まぶたの小じわの治療

下まぶたの小じわの治療


傷跡の治療

傷跡の治療
傷跡の治療

傷跡の治療

傷跡の治療
傷跡の治療

マドンナリフト

マドンナリフト

また、最近マドンナがこのレーザーを照射して上眼瞼のリフトアップを行いました。軽度のたるみ であれば、手術なしでリフトアップが可能です。

山陰でこの治療を受けられるのは当院のみです。

マドンナリフト
マドンナリフト

レーザーディファイン

レーザーディファイン

当院では最新のYAGレーザーを使った脂肪吸引術を行っております。
従来の脂肪吸引と異なり、レーザーで脂肪を溶解する方法です。直径1ミリのファイバーを挿入して治療を行いますので、傷は5ミリ程度です。
出血もごくわずかで、安全性の高い治療です。
適応部位:頬、あご、首、二の腕、脇腹、大腿、下腿の部分やせの施術が適応となります。


   わきが治療

従来は3センチ程度切開してアポクリン汗腺を切除する方法しかありませんでしたが、 セルレイズを使用すると5ミリの切開ですみます。手術当日からシャワーもできます。

レーザーディファイン

Baseline

レーザーディファイン

3 Month

休診等のお知らせ 2017.8.25更新

9月の診療について

・9月13日午前は休診とさせていただきます。

・9月27日は午前のみの診療となり、鳥大皮膚科医師の診察となるため、美容外科、形成外科、泌尿器科は休診となります。(午後休診)

・9月29日は休診とさせていただきます。


・スマホ診療の診察日について

現在月曜日(15時〜15時30分)、水曜日(14時30分〜15時)ですが、

火曜日の19時〜19時30分が追加となりました。

スマホ診療の予約料金が変更になりました。

1500円が1000円になりました。なお、8月末まではキャンペーン期間で500円となります。スマホ診療の詳細は下記バナーをご覧ください。

・10月 

10月20日(金)は休診となります。

クリニック紹介
オンライン予約
クリニックブログ
遠隔診療

お知らせ Topics

●2017/4/15

山陰地方初のピコシュア(ピコレーザー)による治療が開始されています。
従来取れにくかった入れ墨、色の入った入れ墨取れます。
美肌治療の最新レーザーです。


●2017/1/24
2月1日よりスマホを使用した「スマホ診療(遠隔診療)」を開始いたします。
(月曜日15時〜、水曜日14時30分〜、人数に制限があります)

 詳しくはこちら▶ 


●2017/1/23
小児イチゴ状血管腫に対して新薬(ヘマンジオル)の使用を開始しました。


●2016/12/7
★治療費改定になっております。
詳細は 料金表 をご参照ください。